ブラックOKのキャッシング業者って?

一般的にブラックリストに載ってしまうと大手の金融会社からお金を借りることができなくなりますが、稀にブラックOKのキャッシング業者もあります。もちろんブラックの程度にもよりますが、自分がブラックだからと言ってすぐにあきらめないでください。

消費者金融フクホー

フクホーではブラックの人でも審査をしてくれ、審査の手順としては普通の人と同じでわざわざお店に行かなくてもインターネットからでも申し込みが出来ます。

 

申し込みが終わると審査になりますが、審査で何を入力すればよいのかと言いますと、年齢や携帯勤務状況、年収及び他社に借り入れがあるかを入力することになります。

 

フクホーでも審査に落ちる事はありますが、落ちる時の原因は働いていない人や他社からの借入金額が多すぎると落ちることがあります。借りられる限度額も決まっていて年収の3分の1までしか借りることが出来ないのは、普通の人と同じです。

 

審査を受ける時に必要な物は、身分証明書と場合によっては収入証明書が必要となることがあるので前もって用意をしておくと楽に進めます。身分証明書は、携帯から写真を撮ってメールで転送すれば完了になります。

 

フクホーからどうしてもお金を借りたい場合は、低めに金額を設定すれば借りやすくなります。初めから高額金額の設定や申し込みは、敬遠されてしまい通る可能性を低くしてしまうので注意が必用です。

キャッシングブラックは確かに厳しい

お金に悩むキャッシングブラックの女
(出典:キャッシングブラックOKで即日借りれる金融!【必ず試すべき業者】

 

ブラックはやはり厳しい現状はある

キャッシングは自由にお金を借りることが出来てとても便利なローンです。

 

通常であれば、収入が安定していて定職についていれば、ほとんどの人が利用できるのですが、中には過去に問題を起こしたため利用が出来なくなってしまったブラックと呼ばれる人たちもいます。

 

このブラックと言う状態になってしまった場合、ほぼほとんどの大手金融業者からお金を借りることが出来なくなりますし、車のローンなども一切利用が出来なくなります。

 

ブラックになる原因を考えてみる

ブラックになってしまう原因として多いのは、ローンの返済を遅延、または滞納していた場合、借金を返せなくて債務整理を行った場合が多いようです。

 

特に遅延や延滞に関しては、自分の都合で返済が遅れたにもかかわらず、業者へ連絡もしないといったケースが非常に多く、いつの間にかブラック扱いになっていたという人もいるようです。

 

1度や2度の遅延であれば、業者へ連絡して相談しておけばすぐにブラックになることはないようですが、毎月のように遅延を繰り返したり、延滞しても連絡もしない場合には、信用情報にその事実が記載され、ブラックという扱いになってしまいます。

 

ブラックになると社会的信用無しという扱いになるため、ローンもキャッシングも全て利用不可になり、現在利用しているキャッシングも強制的に利用停止になりますから注意が必要でしょう。

 

キャッシングブラックOKの消費者金融

無職でもお金は借りられるのか

借金をする事情は人それぞれですが、生活に困って借金をする場合と高額な買い物をする為に借金をする場合があります。どちらの場合においても、収入さえあればいつかは返済できます。

 

しかし、収入が無い場合はいつまで経っても返済出来ません。では無職でもお金は借りられるのでしょうか。

 

基本的には無職はお金は借りられません。返済出来る保証が無いどころか、確実に貸したお金は返済されないので、そういった人物にわざわざお金を貸す金融機関は存在しません。

 

しかし、例外は存在します。例えば連帯保証人が高収入で、代わりに返済してもらえる保証がある場合です。

 

主婦であっても、夫に充分な収入があれば10万円程度までなら借り入れられるように、無職でも同じことが言えます。専業主婦も無職であるので立場は似ています。配偶者がいない場合は家族の誰かに連帯保証人になってもらうか、友人に頼んでなってもらいます。

 

しかし、無職の連帯保証人になる人物は中々いないので、物理的に無理ということになります。法律的には可能ですが、実際には出来ないということです。

 

返済出来ない金額は借りられないように総量規制により年収の3分の1までしか借り入れられませんが、無職の場合はそれ以前の問題となります。

 

ブラックでも借り換えできる?

ブラックリストに登録があると、大手消費者金融などでは通常の借入はもちろんのこと、借り換えを行うのも非常に難しくなってくるわけですが、中小の消費者金融であれば、借り換えを行える可能性はあります。

 

上手く借り換え先を選択できれば、金利を小さくすることが可能で、返済も楽になるため、そのノウハウに関しては是非とも覚えておきたいところです。

 

ブラックリストに登録がある人に限ったことでありませんが、借り換えを行う際の審査でも通常の審査と同様、年収や勤続年数などといった項目が重要になってきます。

 

さらに、当然一度に複数の会社にお申し込みすることも申し込みブラックとなってしまうため、絶対に避けたいところです。

 

実際、ブラックリストに登録がある人でも利用できる会社としては、スペースや、ライフティなどが存在し、金利に関してはスペースが8.0%から20.0%、ライフティが4.5%から18.0%の範囲となっています。

 

また、限度額に関してはいずれも500万円となっていますが、スペースは本人確認書類と収入証明書類、ライフティの場合はこれら2つに加えて、他社借入書類も提出しなければなりませんし、お申し込み方法などについても両社で異なりますので、あらかじめチェックしておくようにしましょう。

 

自分がブラックか調べる方法

全く審査が通らないならブラック

 

消費者金融などで返済遅延があるとブラックリストに載るといわれています。

 

ただし、実際には返済遅延があっても自分から気が付いて電話をしたり、消費者金融から連絡があってもすぐに支払をするような場合には、ブラックリストの登録はされないことが多いです。

 

督促状が届くような事態になれば登録されますが、それ以前の状態であれば対応は各消費者金融によります。

 

しかし、最近クレジットカードの審査を受けても全く審査が通らないということであれば、ブラックリストに載ってしまっている可能性があります。

 

情報機関は三つある

 

この確認は、全国に3か所程ある個人信用情報機関に自分の情報開示を求めることで確認することができます。一か所ではないのかと聞かれるのですが、情報機関を設置しているグループがいくつかあり、グループごとに情報機関があるのです。

 

ただし、ブラックリストに載るような情報は各情報機関で共有していますから、1つの情報機関への照会でも確認は可能でしょう。

 

各情報機関はネットで調べることですぐに確認できます。銀行系・消費者金融系・信販会社系の3つです。

 

情報機関によって差はありますが、大体千円から2千円ほどの手数料と返信用封筒を同封することで照会ができます。何かおかしいなと思ったら照会してみたほうがいいでしょう。

 

消費者金融ブラック時効

キャッシングブラックの時効待ち

 

消費者金融などを利用していく中で、返済日に遅れてしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。このような遅れに関しては、1カ月程度であればブラックリストへの登録はありませんが、2カ月、3カ月といった長期間となるとブラックリストへの登録が行われてしまうので、要注意です。

 

ここで、気になってくるのは、一度ブラックリストへの登録が行われると消えることはないのかといったことではないでしょうか?

 

実はブラックリストへの登録に関しては時効というものがあり、今回のような返済の延滞、任意整理、個人再生などについては5年を目安に消滅するものとなっています。

 

しかし、この期間は大手消費者金融や、銀行での新たな借入、クレジットカードの作成、各種ローンを組めなくなるなどといった弊害が出てきてしまうわけです。

 

新たな借入に関しては、中小消費者金融であれば、対応してもらえる場合もありますが、大手と比べ金利が高くなってしまうので、利用は避けたいという人もいらっしゃるでしょう。

 

そして、そのような人の場合ですと現時点でのブラックリストへの登録状況が非常に気になってくるかと思います。ブラックリストへの登録状況に関しては「CIC」、「JICC」、「全国銀行個人信用情報センター」に問い合わせることにより、チェックすることが可能です。

 

このようにブラックリストへの登録には時効があるというものの、決して短期間とは言えないため、消費者金融などを利用の際には常に返済のことを頭に入れながら利用していくようにしてください。

無職でもお金を借りられるのか?

キャッシングを行うには収入がある事が必要になります。ですから基本的には無職無収入の方はキャッシングをする事は出来ませんし、まずは審査申込みの前にパートやバイト等でも良いですから収入の流れを持つ事が必要になります。

 

無職と言っても色々なパターンがあり、すでに勤めている時にカードローン審査に通しており、その後無職になった場合はカードを引き続き使えますし、ルールに沿って借りたお金を返済している限り利用を継続する事が出来ます。

 

専業主婦のようなパターンの場合は、配偶者の収入を示して、配偶者との婚姻関係を証明する事でカードローン審査に挑む事が出来ますし、配偶者が審査クリア基準にあれば専業主婦でもカードローン審査に通り、キャッシングやローンの活用が可能です。

 

いずれにしても原則として無職では新規申し込みで仮審査という審査前段階で弾かれてしまいますし、何かしら収入を証明する事が必要になります。

 

キャッシングで借り入れを行った以上は利息をつけて返済する必要がありますし、収入が無ければ返済能力が無いと金融業者に判断されても仕方ありません、一定の安定した収入があれば各業者の契約範疇でキャッシングが出来る可能性は高いです。

クレジットカードを現金化

クレジットカードはクレジットカード会社と提携しているお店や企業で現金と同じように商品を買うことができるカードです。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。

 

キャッシング枠は現金を借り入れる事ができる機能ですが、その借り入れられる額には限度額というものがあります。そのため、限度枠いっぱいまで利用してしまうとそれ以上現金を借り入れる事はできません。

 

それに対してショッピング枠は提携会社との間でそのカードを使ってショッピングすることのできる枠のことです。これにも限度枠というものがあります。基本的にこれを現金化することはできませんでした。

 

しかしながら、近年ではクレジットカードのショッピング枠を現金化することのできる企業が徐々に増えてきました。

 

どういった仕組みかというと、まずカード現金化の業者が指定する商品をクレジットカードのショッピング枠で購入します。それをまた業者が買い取りという形で利用者に現金を渡すという方法です。

 

この方法を使えば、キャッシング枠がいっぱいになってしまっているのに、急に現金が必要になってしまった場合でも、現金を即座に借り入れる事ができ非常に便利です。

 

キャッシングブラックとは

信用情報にキズがついたブラック

巷でよく耳にするブラックという言葉、意味がなんだか分からないまま聞いている人も多いのではないでしょうか。

 

キャッシングやカードローンなどのローンを利用した場合、その利用履歴は信用情報と呼ばれる情報として全て残るようになっています。

 

信用情報には利用者の氏名や住所などの基本情報に加え、今まで利用したローンの金額や返済履歴、返済の遅延や延滞、ローン会社とのトラブルの情報が全て記載されています。

 

消費者金融などの業者はこの情報を元にお金を貸していいかどうかを判断しています。過去に返済の延滞を行っていたり、何度も繰り返し遅延を行っていた場合、信用情報にキズが付き、ブラックと呼ばれる状態になってしまいます。

 

延滞はそのままにしないこと

信用情報にキズが付いたと言うことは、この人はお金を貸すのには適していない、信用できない人物という烙印を押されたのと同じことですから、どの金融業者に持申し込んだとしても、審査すら受けさせてもらえない状態になります。

 

ブラックとは社会的信用の全くない危険な人ということですし、もし延滞をそのままにしておいた場合には損害賠償金などの請求もされる可能性があります。

 

同じブラックでも、債務整理でブラックになった場合と、延滞などをしてブラックになった場合とでは、根本的な意味合いも違います。

 

仮にブラックになったとしても、債務整理の場合には審査を受けることが出来る業者も存在していますので、延滞やトラブルでブラックになることだけは避けたほうが良いかもしれません。